クレジットカードの特徴を知る

>

クレジットカードを詳しく知ろう

ポイントの制度を使おう

クレジットカードを使って買い物をすれば、ポイントが溜まります。
ポイントがある程度溜まれば、お金の代わりに使えます。
たくさんのポイントが貯まっていた場合、それだけで買い物を済ませることができるかもしれません。
現金で買い物をした場合はポイントがつかないので、損をします。
たくさん買い物をすればするだけポイントがつくので、今後はクレジットカードで支払ってください。

使う時は、ポイントの有効期限に気をつけましょう。
たくさん貯まっていても、有効期限が過ぎていれば使うことはできません。
滅多に使わないクレジットカードでは、ポイントを消費する機会もなかなか訪れないと思います。
買い物の頻度で、クレジットカードを持つか決めましょう。

支払う日を選択する

現金で買い物をした場合は、その場で支払うことになります
ですがクレジットカードでは、後日に支払うことができます。
今はお金がなくて買い物ができないけれど、もう少ししたら給料が入るのでその時に支払いたいと思っている人に便利です。
お金がなくても、生活必需品は購入しないといけませんよね。

便利な支払い方法ですが、使い過ぎに気をつけてください。
あとでまとめて支払えば良いと思ってどんどん買い物をしていると、気づかないうちに高額な出費になってしまうことがあります。
給料以上の金額を使い込んで、借金しないと支払うことができない事態に陥ることもあります。
計画的に使う自信がない人は、後払いのシステムを使わない方が良いです。


この記事をシェアする